人が生きていくうえで、他人とのコミュニケーションを避けてとおることはできません。職場や学校だけでなく家族間でも、できれば良好な人間関係を保ちたいものです。人とどう接すればいいのかわからない、もっと人気者になりたいという人もいるかもしれません。そこで今回は、多くの人が気になる人気運対人運アップに関しての風水をご紹介します。

人が寄ってくる人間関係を良くする風水の取り入れ方

玄関

人付き合いがどうもうまくいかないという人は、知らず知らずのうちに人を遠ざける風水を取り入れてしまっているのかもしれません。人が寄って来やすくなる風水のポイントを解説しますので、できることから改善してみてください。

基本は掃除を欠かさず清潔に

風水は方位やカラーを考えて開運アイテムを配置するのも大事なのですが、それ以上に大事なのが、運気をアップしたい場所をしっかり掃除して常にきれいにしておくことです。これは対人運に限らずすべての運気に関係することですので重要です。汚れは「けがれ」とも読めるように、清潔でない場所は穢れており不浄とみなされますので、マイナスのパワーが集まってしまい運気ダウンの大きな原因になります。習慣的に掃除をするのは大変ですが、風水を学ばなくても気軽に取り入れられる運気アップ法ですので、まず初めに試してみましょう。

玄関は気の通りをよくするよう心がける

玄関は家の風水ではもっとも重要な場所とされます。家の入口である玄関からは、運気が出たり入ったりするためです。一番気を使っておくべき部分ですので、ほかの部屋よりも先に風水を取り入れましょう。
玄関に靴が大量に置いてあったり、ゴルフバッグが動線を妨げていたり、靴箱の上に無駄にものが置いてあったりといった状態は、風水的にはいい状態ではありません。玄関は気の通りを良くするために物を少なめにしておくのがベストで、物が多いと良い気が入って来れず、せっかく家を訪れてくれた人も離れていってしまいます。その人が運命の相手だったり、良い仕事を持ってきてくれる人だったら目も当てられません。物が多い場合はすぐにでも片付けましょう。もちろん掃き掃除拭き掃除も忘れずに。

窓を定期的に開けて新鮮な空気を

簡単にできる運気アップ風水として、窓を開けて新鮮な空気を取り入れるというものがあります。特に冬は、寒いからと窓を開ける頻度が減りがちになります。運気はそういうことを考慮してはくれませんので、窓を閉め切ったままにしているとどんどん運気が下がります。対人運アップのためにも定期的な換気を行い、溜まった邪気を追い出しましょう。

断捨離をする

先ほどの玄関の話にも似ていますが、物が多いと気の流れが悪くなり人間関係の運気も下がりがちになります。気に入ったものをたくさん置いているぶんにはまだマシですが、「あまり使わないけど捨てるのはちょっと・・・」「捨てようか迷うけどいつか使うかもしれないし・・・」といった、もやもやした気持ちで所有しているのは良いことではありません。
これまで役立ってくれたことに感謝し、思い切って整理してしまいしょう。すべての部屋の物を断捨離し、玄関から入ってきた良い気を各部屋に届け、人気運・対人運アップを狙っていきましょう。

東南・北西・南をきれいに

東南北西は人間関係に関する方位ですので、きれいに整理整頓や掃除をしておくことで友情が高まったり、良い出会いが期待できます。また、人気運アップの方位である観葉植物などのグリーンを置いておくと、南が持つ火の気を木(観葉植物)が高めてくれるため、人間関係の運気をアップできます。同じ理由で、木の気を持つウサギのアイテムを置いてもいいでしょう。

キッチンでは食器や調理器具などにも注意

キッチンは人間関係に関する風水がいくつかあります。例えば、食器や調理器具の取り扱いに注意しないと、人間関係に悪い影響があります。まず、包丁を見えるところに出しっぱなしにしておくと、家族との関係が悪化するとされています。刃物は人を落ち着かない気持ちにさせますので、争いが起こりやすくなってしまうのですね。そのため、調理後はすぐに洗って見えない場所にしまうようにしましょう。
ほかにも風水では、ヒビがあるもの欠けている食器があると人間関係にもヒビが入ってしまうといわれています。また、「自分の身代わりとなって割れて邪気を反らせてくれる」という考えもあります。割れたり欠けたりした食器はもう守る力を失ってしまいますので、そのままにしていると今度は自分に直接ダメージが来ます。健康運にも悪い影響が出ますので、早めに処分することをおすすめします。
また、シンクの排水口に汚れが溜まっていたり詰まっていると、人間関係でも行き詰まってしまうことになります。手間に感じるかもしれませんが、使用後に毎回すぐ掃除することで、溜め込むよりも楽に掃除でき運気も良好に保てます。

対人運に強い風水カラーの力を借りる

色の力を使って運気を改善していくのも、風水の基本のひとつです。人が寄ってきやすい風水カラーはオレンジです。風水において活発的で温かい意味を持つこの色は、第一印象を良くし、良縁を呼んでくれる色になりますので、積極的に取り入れていきましょう。
また、ピンク色も同じような効果を得られますが、こちらはどちらかというと恋愛結婚運を強化する意味合いが強くなります。これらの色は男性だと少し取り入れづらい印象がありますが、下着やハンカチなど見えにくい部分に選ぶといいでしょう。女性の場合はメイクに取り入れるのがおすすめです。

インテリアやファッションに丸いアイテムを取り入れる

人間関係を良好にする方法として風水でよくいわれるのは、丸いアイテムを取り入れるということです。四角いテーブルなど、角があるものは「角が立つ」という言葉からもわかるように、風水では人間関係を悪くすると考えられています。逆に「円満」という文字には「円(まる)」という字が含まれていますね。円満な人間関係には丸い物が必要なのです。インテリアもそうですが、身につけるピアスなども丸みをおびたものに変えてみましょう。先ほどご紹介した「南に観葉植物」の観葉植物を、丸い葉を持つ多肉植物などにしてみるのもいいですね。

人が寄ってくる人とそうでない人の違いとは?

笑顔の女性

例えば、2人の人がこれまで紹介したような風水をまったく同じように取り入れたとしても、同じ結果にならないことがあります。どうして人が寄ってくる人とそうでない人がいるのでしょうか。その違いはどこにあるのかみてみましょう。

いつも笑顔でいるか

人が寄ってくる人とはどんな人でしょうか?少し思い浮かべてみてください。いつも笑っているイメージではありませんか?少なくともいつも無表情だったり、怒っている人の周りに人が集まってくるイメージは浮かばないと思います。風水では「笑っている人の周りには悪い気が来ない」という言葉があり、邪気を払いつつ運気をアップさせるというとても強いパワーがあるのです。「笑う門には福来る」と昔からいわれているのはあながち嘘ではないのですね。人が寄ってくるだけではなく、すべての運気を高める効果がありますので、いつも笑顔でいるようにしましょう。

ネガティブな言葉を発していないか

落ち込む女性

風水ではネガティブなものは基本的に運気を下げると考えますが、それは言葉も例外ではありません。自分の周りによく愚痴を言ったり、悪口を言っている人はいませんか?あるいは自分がそういう人になっていないでしょうか?言っている人は、何も考えずに口をついて出てくるため気づきにくいのですが、自分がそういったネガティブな言葉を聞いている立場だったら、「この人の側にはいたくない」と思ってしまうのではないでしょうか。ですから、要するにこういう人に人は寄って来ないということになりますよね。
では逆にポジティブな言葉ばかりを言っている人はどうでしょうか。人は落ち込んでいるときには、無意識に「励まして欲しい」と思うものですので、ポジティブな人にエネルギーを分けてもらうために寄っていきます。そして、元がネガティブな人が落ち込むと、「放っておいて欲しい」という気持ちになり、ポジティブな言葉が逆に苦しく妬ましく感じてしまうことがあります。そして、「ポジティブな人に近寄りたくない」と思ってしまうんですね。
これは逆にいうと、ポジティブな人の周りからはネガティブな人は去っていくということでもあります。ポジティブでいることは、常に自分の周りに良い人を残す方法でもあるのですね。

まとめ

人との付き合いをうまく続けるのは難しいので、どう対処していいのかわからないという人も多いかと思います。ですが、風水なら特に何も用意しなくても気軽に今すぐ取り入れられるものも多いので、是非即実践してみてください。今回の記事を参考に自分の望む人間関係を手に入れましょう。