風水で運気をアップする方法の一つとして、ペットと一緒に住む方法があります。これはほぼどのようなペットでも効果がありますが、メダカもその一つです。今回は風水でメダカがどのような意味や効果を持ち、どうやって飼うのがもっとも運気アップに良いのかをご紹介しましょう。

風水で水が意味するものとは?

河川

適切な風水を取り入れていれば、水槽に水を入れて置いておくだけでも運気アップ効果を得ることは可能です。ですが、エネルギーというものは動いているとき良いエネルギーを発生させ、かつ活発になりますので、水のエネルギーも海や川のように動くことでパワーが高まります。波のないプールに浮かんでいても流されることはありませんが、川の激流や荒波には簡単に流されてしまいますよね。それだけ流動のエネルギーというものは強いのです。
このように風水では水には気を集める性質があり、「水龍(すいりゅう)」と呼ばれる水の流れを作ることで、財運を高めることができると考えられています。水槽にメダカなどの魚を飼うことで水槽の水がゆっくりと動くため、水龍が生まれ良いエネルギーを発生させてくれるわけですね。
また、「流れる気は水に留まる」ともいわれており、水槽などを置いて良い気を留めておくというのが、水を利用した基本の考えかたになります。
風水ではよくキッチンやトイレなどの水が関係する場所は、気をつけないと金運などがダウンしてしまうといわれます。気をつけるというのは主に清潔感についてのことで、汚れた水がある場所は大幅に運気を下げてしまいます。先程の「気は水に留まる」というのは、何も良い気ばかりだけではなく、悪い気も同じです。そのため、などのペットを飼うための水槽は、特に清潔感に気を遣う必要があるということなのです。

メダカの風水的意味・効果

メダカをこれから飼いたい、あるいはすでに飼っている人は、メダカが風水においてどのような意味や効果を持っているのか気になるかもしれません。ここではメダカの色と運気の関係や数の意味について解説していきます。

メダカの色によって運気が変わる

運気はメダカのによっても変わり、金色・黄色・白色のメダカは金運をアップしてくれます。おすすめとしては黒色で、水の気を持ち邪気を吸収する効果があるとされます。しかし、メダカの色のうち黒色の割合が多すぎると陰の気が強くなりすぎるため、全体の2?3割程度までに留めておくほうが無難です。
また、ペットの魚として赤い魚も人気ですが、赤は火の気となりますので、金運を上げたい場合は効果がダウンしてしまうため注意してください。

決まった数を飼うことで運気がさらにアップ

色だけではなく、水槽に入れるメダカの数でも運気がアップします。風水では数字も五行の気を持っており、1が水の気で水槽に入った水のパワーを高め、6と7は金の気を持ち金運アップ効果を高めます。そのため飼うなら1、6、7匹のいずれかがいいでしょう。7匹にしておくと、1匹いなくなってしまった場合でも6匹になり、運気を維持することができますのでおすすめです。
そして、7匹の場合2色のメダカを1匹と6匹の組み合わせで飼うと1、6、7すべてのパワーが得られますので、風水をとても効果的に取り入れることができます。ちなみに2、5、8匹にしてしまうと数字が土の気を持ちますので水との相性が悪く、パワーを下げてしまいます。9匹の場合は火の気となり、金運アップ効果を下げるため同じくやめたほうがいいでしょう。

メダカの水槽を置くと良い場所・置いてはいけない場所

メダカの水槽

メダカを飼うときにはどこに置くかも重要になります。ここでは置くと良い場所、また置かないほうが良いとされている場所をご紹介します。

置くと良い場所

玄関に置く場合は、屋外から玄関に入ってきたときに右手に水槽があるようにすると、運気を呼び込むため良いといわれています。ただし、玄関は運気が入ってくる場所としてとても重要ですので、ほかの場所よりも特に気を使い、水槽が汚れて悪い気を溜めないよう念入りに掃除を行う必要があります。良い方角としては、風水で金運をアップする際によく利用される「財方(ざいかた)」です。
財方とは金運(財運)の気が集まる方角のことで、これを意識して風水を利用することで強い財運アップのパワーを得られるとされています。中国では良く財方に水槽や室内用の噴水などを置いて運気を高めます。財方位は玄関の方角によって変わり、例えば玄関が西にある場合は財方位は東南および北になります。

置いてはいけない場所

水槽を置かないほうが良い場所としては、南の方角に位置する場所です。昔の家だと南向きの玄関の家も多いと思いますので、その場合玄関に置くのは避けてください。
また、寝室に置くのもあまりおすすめできません。実は部屋も陰と陽の気を持つとされており、人が活発に出入りして動き回るリビングなどは陽の気を持ちます。寝室は本来人が休む場所で陰の気を持つとされていますので、水槽の陽の気とは相性が悪くなります。
水中に酸素を送るエアーポンプの音も睡眠を妨げるため、寝室に置くのはやめておいたほうがいいのですね。

風水ではメダカをリビングや屋外で飼うのは良い?

水槽を置く場所としてもっとも多いのはリビングではないでしょうか。もちろんリビングに置くのも良く、悪い気を吸収してくれる効果で運気アップにつながります。
さらに、リビングでも「財方」を意識するとさらに効果的です。また、屋外で飼う場合はに配置しないように気をつけることと、日光によりが発生しやすくなるため、その点に注意して飼えば問題ありません。

メダカで風水効果を最大限に得るには?

ガラスの金魚鉢

これまで解説してきたとおり、メダカを家で飼うならちょっと注意しなければ運気がダウンしてしまいます。それでもできるだけ運気を保った状態を維持するために、いくつかのポイントをみていきましょう。

一番良い水槽の大きさや形

置く水槽の大きさとしては、基本的に部屋の大きさに合ったものを選びましょう。小さい部屋に巨大なものを置いてしまうと、部屋が狭く見えるためバランスが悪く、エネルギーの流れも悪くなり良い運気が得られなくなります。
また、水槽の形は四角いものが多くなっていますが、金魚鉢のように丸みを帯びたもののほうが運気がアップしますので、飼う数が少ないなら金魚鉢も検討してみてください。

水槽に入れると良いアイテム

水草に限らず植物は浄化作用を持っていますので、風水では悪い運気を中和してくれると考えられてます。水草は水を綺麗にする作用もありますので、水換えをする手間も減ることもメリットですね。
ほかにはビー玉も開運アイテムとして有効で、透き通って光っているため陰の気を反射し追い払ってくれますよ。見栄えも良くなって一石二鳥ですね。
水槽の水をろ過してくれるろ過器は、水をきれいにし水槽が汚れるのを抑えてくれますので必ず取り付けましょう。またエアーポンプは、静音タイプのものを選んだり振動音を吸収するクッションなどのアイテムを併用するのがおすすめ。モーターの機械音や振動音などによりネガティブなエネルギーが発生するため、それを防ぐ役割があります。

水が汚れないように維持する

魚を飼う場合に重要なのは、できるだけ水を汚さないようにすることです。しかし、掃除は犬や猫のケージほど簡単にできませんので大変です。などがすぐに付着してしまい、頻繁な掃除をしなければ悪い気が溜まることになります。棒が付いたブラシなどを使ってできるだけ手軽に掃除できる方法を用意しておくといいでしょう。
魚の数が多すぎても汚れるのが早くなってしまいますし、数に対して水槽が小さいと同じく汚れやすくなります。水槽を選ぶときにはその辺りを考慮して選びましょう。

ちゃんと可愛がってあげることが最重要

メダカは比較的弱い生き物ですので、ちゃんとお世話をしていても死んでしまうことがあります。そのまま放置してしまうと風水では悪い気が満ちてしまいますし、水が汚れてきて運気ダウンになります。そういう意味でも、毎日魚や水槽の状態をチェックすることが重要なのですね。風水的観点から見て、お世話に自信がなければペットを飼わないほうがいいでしょう。運気を上げようと思って逆に下げてしまっては意味がないからです。
「水を替えなきゃ。でも面倒だな・・・」といった思いが浮かぶと、それだけで悪い気を生むことになります。そしてそういった思いが蓄積されてくるほど運気は下がってしまうのです。魚といえど、生き物の命を預かるという自覚を持って愛情を持って育ててあげたいですね。

まとめ

風水では、メダカを飼うことで金運アップや邪気払いなどの効果を得ることができます。ですが、運気を上げたいからといってメダカを飼うのではなく、飼うついでに風水を取り入れるという気持ちでいることが大事です。幸せな生活をしたいなら日々を良い気分で過ごすことが大切ですので、そこも考えながら風水を取り入れていきましょう。