風水発祥の地中国で、古来より高貴な色だとされてきた「紫(パープル)」。日本でも前近代で高官のみが身に着ける色とされていました。そんな紫色は、風水においても精神性を高めてくれるほか、様々な運気をアップしてくれるパワーを持っています。それでは、紫色が具体的にどのようなパワーや効果、意味を持っているのご紹介しましょう。

風水において紫が持つ意味・方角

紫は赤と青を組み合わせてできる色で、相反する色が一つになってできた独特な色です。赤と同じ火の気を持ちますが、赤ほどの強さはなく洗練されており、高貴・精神・直感・芸術・美しさといった意味を持ちます。以前中国では、黄色や紫色は高貴な色だとされ、皇帝はこの色の服を着ていました。 日本でも位の高い僧が身に着けている色です。

スピリチュアルにおいて、チャクラという人のエネルギーが出入りする場所がありますが、頭頂にある霊性を表す「クラウンチャクラ」は紫色をしていると言われています。クラウンチャクラは、バランスが良いほど霊性やインスピレーションが強くなるといわれています。

また、クラウンは王冠を意味しますので、やはりこの色が高貴なイメージを持っていることがわかります。相性の良い方角は南の方角で、人気・才能・美容に対して効果をもたらします。これらの効果を望むのであれば、南の方角に紫のアイテムを配置しましょう。

風水における紫の効果

高貴なイメージ

意味がわかったところで、風水で一番気になるポイントである、紫の効果についてみていきましょう。意味からもわかるように基本的には物質的なことよりも、自分の状態や他人との関係などに関係がある効果が多くなります。

心を落ち着かせ、冷静になる効果

紫は派手なイメージもありますが、風水的には落ち着きを与え、物事を冷静に判断する力が生まれるという効もあります。よく焦ってしまう人、緊張しやすい人、人に騙されやすい人は、この風水効果を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、この効果は勉強で集中したいときにも使えます。集中したいときは、普通風水では青が使われますが、青のアイテムがないときは紫でも代用できます。

地位を高くする効果で出世運アップ

風水では、紫のアイテムを身につけたりインテリアに取り入れると、尊敬を集めたり地位を高め出世できる可能性が上がります。ですが、適度に取り入れるようにしないと、近寄りがたい人と思われてしまい周囲から孤立してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

上司や部下との関係を改善する効果

紫のアイテムは風水において上下関係をはっきりさせ、お互いの関係を良好に保つ効果を持っています。特に上司や先輩に認められないなどあまり良くない対応を受けているとき、後輩にあまり慕われなかったり、逆に優しくしたいのにできないときなど、仕事で上司または部下との関係で悩んでいる人にはおすすめです。ボールペンや名刺ケース、スマホケースなどにさりげなく取り入れると関係は徐々に改善していくでしょう。

精神的な成長を促す効果

もともと持っている精神性や直感力を高めるという風水効果から、精神的な成長を促す効果がありますので、今の自分よりもさらに上の自分になりたい」という願望があるなら取り入れてみるのもいいかもしれません。お坊さんのような衣装を着る必要はありませんが、彼らのように高貴な振る舞いをするようにしていると、より効果的に成長していけるでしょう。アクセサリーなど常に身につけられるものがあるならできるだけ着けておきましょう。

また、精神性の成長以外にも、インスピレーションが必要となるクリエイティブな仕事や、趣味の絵画・音楽制作などに役立つ効果があります。

紫の中でも多くの効果を持つラベンダー色

紫の中でも、ラベンダー色は取り入れやすい色でもありますし、特に多くの風水効果を持っています。例えば、邪気を払い浄化する効果があります。部屋に花を飾ってもいいですし、アロマを炊くのもいいでしょう。キッチンやお風呂場などの水回りは厄が溜まりやすいため、こういった場所に取り入れるのがおすすめです。

邪気を払うのは家だけではありません。人に対しても効果はあり、嫌なことがあったとき、心がモヤモヤしているとき、落ち込んでいるときなど、ラベンダーの助けを借りると癒されて少しずつ力を取り戻せます。そういう気分のときはアロマがおすすめですので、いつでも使えるように置いておくといいですね。

また、危険を回避してくれるお守りの役割もあります。ラベンダー色のアイテムを身につけていると、怪我を防ぐ効果がありますので、スポーツをしている人は取り入れてみるといいかもしれません。車の交通安全のお守りをラベンダー色にしたり、芳香剤としてラベンダーのアロマを使ってみると、事故をしにくくなるでしょう。

紫と相性が良い色の組み合わせ

紫色植物

次に、風水の効果的に、紫と相性の良い色の組み合わせを見ていきましょう。数ある色の中でも、紫色が一番好きという人も多いと思いますので、参考にしてみてくださいね。

ピンクや黒と組み合わせて恋愛運アップ効果も

ピンクとの組み合わせは、恋愛運をアップする効果があります。このときに組み合わせるのは、濃い色ではなく、薄いラベンダーのような色がいいでしょう。ピンクだけでも恋愛運アップの効果としては十分なのですが、自分が必要としている人を見つけたいなら、この色の組み合わせが最適です。すでにパートナーがいる人は、パートナーとの絆をさらに深くする効果が望めます。

また、黒と組み合わせた場合は大人の魅力がアップして、大人の恋愛なります。こちらの組み合わせはどちらかというと、少し真面目な関係になります。ピンクと比べてどちらを望んでいるかを考えて、組み合わせを選びましょう。

深緑との組み合わせで金運アップ

癒しの優しさを持つ緑色は、金運を緩やかにアップさせてくれる効果を持っています。緑色のカードを財布に入れるなどして組み合わせるといいでしょう。緑の中でも、特に深緑との組み合わせが効果が高くなります。とはいえ、黄色や金色に比べると効果はそこまで高くありませんので、無理して紫の財布を買うことはありません。

風水でおすすめの紫色アイテム

紫色イメージ

風水カラーの効果を知っても、具体的な例がないとどうしていいかわからないものですよね。そこでここでは、風水で紫を取り入れる場合におすすめのアイテムや、取り入れ方の一例をご紹介していきます。

小物に取り入れて上品なイメージに

ファッションに紫色の小物を取り入れると、風水の効果で気高く美しい上品なイメージなります。単純に人から特別に見られたい、大切に扱われたいという人はこの色の小物を身に着けてみてはいかがでしょうか。

紫色は比較的目立つ色でもありますので、風水としては取り入れたいけど取り入れにくいと考える人もいるかもしれません。そんな人には、目立ちにくく自然に見えるパステル系や薄めの紫がおすすめです。それでも気になる人はハンカチ、靴下、下着に取り入れるといいでしょう。

出世運や金運を同時にアップしてくれる紫の財布

財布の色を紫にすると、出世運と金運を同時にアップさせることができます。仕事を頑張っていて、評価だけでなく収入面でも成果を得たいという人にとっては、ぴったりのアイテムになります。紫の財布はインパクトが強いため、抵抗がある場合は色がワンポイントだけのものにするか、キーホルダーなどを取り付けるという手もあります。

家庭運や人間関係の運気をアップさせる花もおすすめ

紫の花も手軽に取り入れることができ、見るだけでもポジティブな気持ちになるためおすすめです。家族全員が集まるリビングに置くと、風水効果で家庭運をアップさせる効果が得られます。また、相性の良い南の方位が玄関であれば、そこに花を置くと、明るい気が人を呼ぶ効果を高め人間関係の運気がアップします。

また、ラベンダーの花は人の格をアップするだけでなく、置いている家の格もアッしてくれます。部屋に香りの強いラベンダーなどの花を置くと、人間関係の中でも特に恋愛運をアップすることもできますよ。

造花でもいいの?という質問をよく聞きますが、造花よりも生きた花のほうが効果が高いです。アジサイ、アネモネ、スミレ、朝顔、ライラックなど花屋で販売されていたり、身近に生えているものも多いため手に入りやすいです。気軽に取り入れてみてくださいね。

まとめ

風水で高貴なイメージを表す紫色は、取り入れ方次第で上品にもなりますが、派手にもなります。いくら風水で効果があるとは言っても、見た目はしっかり気にしておきたいですよね。あまり目立ち過ぎないよう小物などで控えめに取り入れたり、暗めの色を選ぶなどの工夫で上手くコーディネートに取り入れてみてくださいね。