血と同じ「赤色」は風水において生命力の象徴であり、とても強いパワーを持っているとされています。それだけに、風水に取り入れる際には、ちょっと注意が必要なんですね。今回は風水での赤色の効果・意味を解説し、インテリアなどに上手く取り入れて運気アップする方法をご紹介しましょう。

風水において赤色の意味・方角は?

赤色と聞いてどんなイメージがありますか?血液、燃える炎、夕焼けなど、力強さや生命力を感じさせるものが多いですよね。風水における赤色も同じで、「活発さ」「情熱」「生命力」などの意味があります。心理学においても、アドレナリンの分泌を促したり、活力上昇、食欲増進などの効果があるとされていますね。

赤は火を表しますので、相性の良い方角は木の意味を持つです。木は火を相生しますので、赤の力を強める効果があるからです。南の方角が持つ色とも同じですが、南の方角に赤い物を置きすぎると、力が強くなりすぎるため、用いる際には注意が必要です。

風水において赤色にはどんな効果がある?

風水での赤色はいったいどのような効果を持つのでしょうか。よくいわれている意味は以下の3つのものがあります。

  • 人をやる気にさせて、積極的な行動ができるようになる
  • 元気になる活力を与え、健康になる
  • 勝負事のとき、仕事などで重要な決断力が必要なときに効果を発揮する

一言でいうと人に力を与えてくれる効果があるといえます。赤は風水においては一番強力な力を持った色だともいわれており、少しならやる気を出す効果がありますが、多過ぎると興奮状態になり落ち着かなくなります。寝室などリラックスをしたい場所に使うのはやめておきましょう。

赤と相性の良い色

黒と赤

赤の持つ強さを抑えたり引き立てたりするために、ほかの色と組み合わせて使う方法もあります。赤はパワーだけでなく、見た目の印象としても主張の強い色ですので、インテリアにしろファッションにしろ、取り入れる際には控えめにしておくのが、ベターだといえるでしょう。

黄色との組み合わせ

風水発祥の地である中国では、赤は縁起の良い色だとされており、結婚式では真っ赤な衣装を身にまとい、子供が産まれたときには、身近な人に赤い卵を送る習慣があります。また、お正月などのお祝い事のときも、様々な飾り付けがされますが、色は基本的に赤です。そして、それらの飾りは黄色と合わせて使われることも多く、中国の国旗も赤をベースに黄色の星が描かれています。

風水の基本である陰陽五行では、赤は火を表し黄は土を表します。火は土を相生します(強くする)ので、光のように明るくポジティブな意味を持つ黄色を、さらに強める効果があります。このように、赤と黄色の組み合わせは相性が良く、大きな幸運効果があるとされているのです。

緑色との組み合わせ

風水的には、赤と緑の相性も悪くありません。陰陽五行の考えでは、火は木を燃やすことでさらに強くなりますので、木を表す緑は赤のパワーを強くします。そのため、この組み合わせは相性がいいのです。この2つの組み合わせで思い浮かぶのはクリスマスカラーですが、キリスト教信者が少ない日本でもクリスマスが人気なのは、赤と緑の組み合わせによる相性パワーが強いからというのも、理由の一つかもしれませんね。

黒色との組み合わせ

風水での黒には高級感、品格、秘密といった意味合いがありますので、黒と組み合わせると、情熱的でありながらクールな印象が生まれます。大人な雰囲気を目指している女性は、黒をメインに赤を少し加えたファッションを取り入れるといいでしょう。ただし、黒は縁を切る意味合いもありますので、意中の人や恋人と会うときなどは、あまり多用しすぎないように気をつけてください。

SNSでトレンドネイルデザイン配信中!
フォローお願いします◎

赤を上手に取り入れて運気アップする方法

赤いバラ

風水的な意味で赤のパワーを上手く利用するために、運気をアップさせるためのコツを運気別にご紹介します。基本的には赤いアイテムは取り入れ過ぎず、ワンポイントで軽く使うことを意識しておけば、十分にその効果を得られるでしょう。

仕事運、勝負運アップ

風水で決断力や情熱などの効果を持つといわれている赤は、仕事運や勝負運をアップさせたい場面などでも有効です。仕事で大事なプレゼンがあるけど自信がない、大事な契約を絶対に取りたいなど、ここぞというときの勝負運や仕事運をアップするために、赤い手帳やハンカチを使って自分を鼓舞しましょう。役職についている人などは、リーダーとしての決断力を見せるためにも、これらのアイテムを持ち歩いておくといいですね。

健康運・子宝運アップ

風水での赤は生命力の象徴でもありますので、人に活力を与えてくれます。元気を出したいときには、サケ・イクラ・エビ・タイなどを食べてみましょう。風水的効果だけでなく、これらの食べ物は強い酸化作用を持つため、長生きの効果も期待できます。

インテリア風水を使って健康運をアップする簡単な方法としては、赤い花を健康運と関係の深いトイレに置くことです。トイレは水回り、汚れやすい、日当たりがそこまで良くないなどの理由から、運気が下がりやすい場所です。そのため、明るさを与えてくれる赤色は、運気ダウンを防いでくれるでしょう。造花でも効果はありますが、生花のほうが効果は高いです。

また、生命=赤ちゃんというところから、子宝にも恵まれやすくなるともいわれています。子宝祈願のお守りを持つなら、赤色を持っておくと効果が高くなります。もしかしたら「赤ちゃん」という呼び方も、風水と関係しているのかもしれませんね。

受験運・勉強運アップ

風水の赤はやる気をアップさせる効果があるため、受験や資格試験などでがんばれるように、アクセサリーなどの小物に取り入れるという方法が効果的です。また、毎日の勉強のモチベーションを保つために筆記用具やノート、または勉強机に赤い置物などのアイテムを置いておくと効果的です。

恋愛運アップ

赤はピンクほどではありませんが、恋愛運アップにも効果的です。服装などの見た目に適度に取り入れると、男性に対し情熱的な気持ちを呼び起こし、アピールされやすくなります。多くの男性は赤い口紅を色っぽいと感じるという調査もありますので、ここぞというときには試してみるのもいいでしょう。

人気運アップ

恋愛運のほかに、赤は人気運アップの効果もあります。南は方角的に相性が良いため、アイテムを一つ置くといいでしょう。カーテンのように大きなものでなければ何でもかまいませんので、ポスター、絵、オブジェなど、お気に入りのものを取り入れてみてください。魅力をアップさせる効果もありますよ。

風水で赤を取り入れる際の注意点

赤のファッション

風水で赤は少しクセのある取扱注意の色ともいえます。多用しすぎると、パワーが強過ぎて逆効果となってしまうことがよくあるのです。気をつけるべきポイントをまとめましたので、失敗しないようにチェックしてみてください。

多用しすぎるとケンカの原因にも

人は怒ると顔が真っ赤になります。風水においては、人を興奮させる作用がありますので、少しなら良い影響もありますが、増えすぎるとイライラしてしまい逆効果になるため、注意しなければなりません。ケンカが絶えない家庭には、赤い家具やアイテムが多かったというケースも少なくないのです。

赤いソファーは置かない

人が長い時間いる場所やよく出入りするリビングに、赤いソファーを置くことはあまりいいとされていません。ソファーはそれなりの大きさがありますので、そんなに存在感のある赤いものがリビングにあると、頻繁に目に入り気を散らして落ち着かなくなってしまうんですね。すでに家にあるという人は、白やベージュなどのソファーカバーで隠してしまいましょう。リビングに赤を取り入れたいのであれば、クッションなどの小さいものにするほうが無難です。

赤い財布はNG

よく赤い財布は風水的に良くないといわれます。先ほどお伝えしたように火は金の力を弱めるため、金運をダウンさせてしまう効果もあるのです。財布に入っているお金だけでなく、預金などにも影響してくるため、使用は厳禁です。それ以外にもお金に関係するものに用いるのは、なるべく避けたほうがいいでしょう。

キッチンには赤いアイテムを置かない

水回りで金運と縁の深いキッチンにも、財布と同様の理由で赤色のものを置くことは避けたほうがいいでしょう。キッチングッズの中にはお鍋・まな板・調理器具など、赤色で作られているものはたくさんあります。吊り戸棚などの変更が難しい部分は仕方がないですが、変えられるものは変えてしまいましょう。

まとめ

使い方に気をつければ、赤色は力を与えてくれるとても頼もしい色です。何かに挑戦したいとき、大事な試合や試験のとき、仕事でリーダーシップを発揮したいときなど、ここぞというときに取り入れて、運気上昇を狙っていきましょう。

SNSでトレンドネイルデザイン配信中!
フォローお願いします◎