時間や場所にとらわれないリモートワークは『働き方改革』の1つとして近年注目されている労働方法。日本では2020年に始まった新型コロナウイルスの感染拡大によって多くの企業が『働き方』の見直しを積極的に行い、自宅で仕事をする“リモートワーク制度”の導入が進んでいます。
リモートワークは主に自宅で仕事を行うので通勤時間がなくなり、時間を有効活用することができます。また自宅で作業するため育児や介護、家事などのプライベートとの両立も可能です。

メリットの多いリモートワークですが、1人きりで淡々と仕事をこなすことに孤独を感じている方も少なからずいるのではないでしょうか?

オフィスで何気なくしていた同僚との雑談がなくなり、人の気配のないリモートワークは意外と寂しく、孤独です。そんな孤独感からストレスがたまり、仕事のパフォーマンスが落ちてしまったらメリットの多いリモートワークがとてももったいないですよね。

ここではそんなリモートワークで孤独を感じている人の「孤独感」を解消する方法のほか、孤独から起きるストレスの解消方をいくつかご紹介します!

在宅ワーク

【リモートワークで孤独を感じる原因は?】

まずリモートワークが孤独だと感じる人の特長や、精神的につらくなってしまう原因を明確にしましょう。

リモートワークで孤独を感じる多くの人は「一人暮らし」や「若手社員」。また、自分の仕事ぶりを認めて欲しいと思う「承認欲求の強い人」や「日頃からアクティブな人」もリモートワークでの孤独を感じやすい傾向にあります。

そして、孤独だと感じるその原因は「コミュニケーションの減少が深く関わっているのです。

  • 対面で話せないことで指示が出しづらく曖昧になる
  • 相談できる相手がいなくなり仕事に不満を抱えてしまう
  • 上司の都合の良いときにフィードバックがあるため仕事が進まない
  • 結果が全てでプロセスが評価されにくい

など、上記であげたリモートワークの悩みが孤独感へとつながっています。他にも、家の中という「閉鎖空間での仕事」が原因として考えられます。
それでは原因を踏まえた上で、一つずつ解決していきましょう!

オンライン会議

【リモートワークで感じる孤独感の解消方法】

○コミュニケーション不足の解消方法

リモートワークをしていると家族以外の誰とも話さない日や、一人暮らしの場合一日中誰とも話さないなんてこともあります。リモートワークを始めて最初の頃は人と会わない、会話をしないことが「楽」に感じられたかもしれませんが長期化すると孤独感は増す一方。孤独から日に日に寂しさ不安が蓄積されていきます。

リモートワークで不足しがちなコミュニケーションは、「Zoom」や「LINE」などの便利なコミュニケーションツール”を利用して解消しましょう!かしこまったメールではなく、グループチャットやグループ通話なら気軽に雑談を含めたコミュニケーションを取ることができます。

カジュアルにオンライン飲み会やオンラインランチを実施してみても良いかもしれません。人と会話をしながら一緒に取る食事は、それだけで距離が縮まったような感覚になりますよ。

しかし、仕事の報告や雑談を同じグループチャットなどでしていると情報が混雑してしまいます。それを避けるために仕事用と雑談用のチャットは分けて使用することがオススメです。分けることで何気ない発言がしやすくもなります。

また各自のスケジュール相談などを共有するためにリモートワークを行う日は10分程度のオンライン朝礼を取り入れるのも効果的です。テレビ通話でのコミュニケーションは相手の顔を見ながら話すことができるので「相手の気持ちが察しにくい」という悩みも解消することができます。

上司と部下

○上司・部下との信頼関係の構築

リモートワーク時には近くに上司がいないため、今まではタイミングを見計らってしていた「ちょっとした質問」をすることに不安を感じるという方も。部下は上司に「こんなことを質問したらどう思われるか」などマイナスに考えて自分から発信することを躊躇してしまうのです。それでは仕事に対してのモチベーションも下がり、社会からどんどん切り離されてしまいます。

直接会って話すことのできないリモートワークは、上司と部下の信頼関係がとても重要。上司は部下がさまざまな質問をできるように日頃から「質問はないか」「困っていることはないか」「仕事の進捗」などを積極的に気にかけて部下の不安を解消してあげましょう。チャットをする場合は冷たい文章にならないように表現に気をつけてくださいね。 「ちょっとした質問」などの会話は、気分転換にもつながります。コミュニケーションを取るタイミングとして15時頃にコーヒータイムティータイムを設けて定期的なオンラインでの個別面談もオススメです。

【孤独を感じないくらい仕事に集中する方法】

リモートワーク中に寂しさや孤独を感じるということは少なからず「悩む心の余裕がある」とも考えることができます。コミュニケーションを充実させることももちろん大切ですが、仕事が円滑に進むように環境を整えることも重要なのではないでしょうか。デスク周りの整理や、業務の目標設定などゴールや今日やるべきことが定まっていれば余計なことを考える時間が減るかもしれません。

リモートワークで仕事に集中するためにはプライベート業務時間の区切りをしっかりつけることが大切。朝起きたてのスイッチの入っていない状態でデスクに向かっても集中できるわけがありませんね。軽く身だしなみを整え、朝ご飯を食べて、気持ちを切り替えましょう!
また、自宅は静かすぎて孤独を感じやすいので思い切って図書館カフェ、ショッピングモールのフードコートなど人がいる場所に行ってみても良いかもしれません。カフェで仕事をする場合、コーヒー1杯で滞在できる時間はある程度決まってきますね。この「制約時間」があることで、より集中力を高めることができます。外に出られない方は家の中でも、天気の良い日はベランダへ出てみるなど仕事場を変えることで気分転換になります。
他にも仕事中、目に入るような場所に植物を置くのもオススメ。緑色にはストレスを軽減させる効果があります。

ストレッチ

○ストレッチや軽い運動を取り入れる

自宅はリモートワークで孤独を感じる原因の1つである「閉鎖的空間」です。人は自宅のような静かで閉鎖的な空間に1人で長時間いることに孤独感やストレスを感じます。

オーバーワークを防ぐためにもキチンと休憩時間を設けてメリハリのあるリモートワークを心がけましょう。休憩時間には空気の入れ換え深呼吸ストレッチなど少しでも身体を動かすことが良い気分転換になります。休憩時間にはリラックス効果や集中力を高めるハーブティーなどもオススメ。ひとくくりにハーブティーといっても香りや味、効能などさまざまなので自分のお気に入りを見つけてみてくださいね♪ホッと一息つける優れモノです。

また、今まで通勤時間に当てていた時間に、外へ出てウォーキングランニンをするのもアリ!リモートワークをしていると家の中の行き来しかしないので運動不足解消にもぴったりです。

会社で久しぶりに会った同僚に太った?なんて聞かれないためにもぜひ取り入れて欲しい習慣です。ですが無理は禁物!運動後に「気持ちよかった」と思えるくらいにしておきましょう。ほどよい運動は自律神経を整えてくれるので仕事のパフォーマンスが上がり、心も体も健康になります。
他にもリモートワークは1人だからこそオフィスではできないようなこともできちゃいます。休憩のタイミングでアロマを炊いたり、音楽を聞いたりしてリラックスしてみてもいいですね。リラックスした後は仕事がより、はかどりますよ!

まとめ

時間や場所にもとらわれずに効率良く働けるリモートワークは、雇用者も労働者もメリットが多く魅力的な働き方。しかし実際働いてみると最初の頃は良かったものの、長期化することによって“孤独”を感じ、リモートワークが苦痛に変わってしまった方もいると思います。ここでは孤独感を解消する方法と孤独や寂しさから生まれるストレスの解消方法をご紹介してきました。できそうな解消方法は見つかりましたか?一度まとめてみましょう。

【リモートワークで孤独を感じる原因は?】

孤独感に悩みやすい人は「一人暮らし」や「若手社員」。「承認欲求の強い人」や「日頃からアクティブな人」も孤独を感じやすい傾向に。家の中という「閉鎖空間での仕事」も孤独を感じる原因の一つ。
また、

  • 対面で話せないことで指示が出しづらく曖昧になる
  • 相談できる相手がいなくなり仕事に不満を抱えてしまう
  • 上司の都合の良いときにフィードバックがあるため仕事が進まない
  • 結果が全てでプロセスが評価されにくい

このリモートワークの悩みが孤独感やそこから生まれるストレスにつながっている。

【リモートワークで感じる孤独感の解消方法】

  • コミュニケーション不足の解消方法
  • 上司・部下との信頼関係の構築
  • 孤独を感じないくらい仕事に集中する方法
  • ストレッチや軽い運動を取り入れる

まず孤独を感じる原因を明確に追求した上で、今回紹介したような孤独感の解消方法をできそうなものから試してみてください。悩めるリモートワーカーさんたちが充実したリモートワークをおくれますように…☆