自宅に入ると「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・・」という気持ちになり、なかなか落ち着かない人も多いのではないでしょうか。仕事が終わっても、家事、育児、介護と毎日目まぐるしくリラックスどころではないですよね。
しかし、自宅にいるからこそ、「リラックス」の時間をしっかりと作ることが大切です。

私たちの身体はストレスや緊張、不安を抱え続けていると自律神経を乱し、心や体に悪影響を及ぼしてしまいます。
例えば、日常生活の中で吐き気や全身のだるさ、頭痛、肩こり、めまい、不眠などを感じたことはありませんか?これはストレスを感じているという、体からのSOSサインです。
ストレスを感じると自律神経が乱れ、脳にある視床下部という自律系神経の司令塔が正常に機能しなくなるのです。これは視床下部から分泌される、女性ホルモンの乱れにもつながります。私たちは女性ホルモンが乱れると不規則な月経周期や肌荒れ(ニキビや乾燥)など体の異常をきたすほか、情緒不安定に陥りやすくなるのです。
自分自身を守るためにもリラックスすることはとても大切なのです。

いざ、リラックスしようと考えた時、「リラックスするためのエステやジムに行く時間も金銭的余裕もないわ・・・」と思ってしまいがちですが、自宅で簡単にできる方法から取り入れてみませんか?
今回は、心や体にストレスを蓄積しないために、自宅でできる簡単リラックス方法を7つをご紹介します。

簡単にできる「リラックス方法」7選!

①湯船につかる

自宅に帰ったら1日の疲れを癒すためにしっかりお風呂に入るのがおすすめです。37℃~40℃ぐらいの少しぬるめの湯船にゆっくりとつかりましょう。身体が芯から温まりポカポカしてきます。お気に入りの入浴剤を使えばリラックス効果がより高まります。
さらに、スマートフォンや防水スピーカーを使って、好きな音楽を聴く方法も取り入れてみて。周りに支障がなければ一人ライブで歌うのもいいですね。音が響くお風呂場の特徴を活かし、小さなコンサートホールを作ってしまいましょう。
お風呂で使える枕やマッサージ器などのバスアイテムを使えばより快適な『リラックスバスタイム』を堪能できますよ。

②ストレッチをする

多くの女性が体の悩みとして、首のこりや肩こりを挙げています。自宅にいるからこそゆっくりと体をほぐして、質の良い眠りにつく準備を整えることが大切です。肩こり解消ストレッチやリラックスできるマッサージ方法を取り入れましょう。
ストレッチにあわせてゆっくりと呼吸を行うこともポイントです。新しい酸素が体中に行きわたることで、血液循環がよくなり、自律神経を整えることができます。
ストレッチをしながら今日の出来事、その時に感じた感情などを改めて振り返ってみて。自宅に居ながら簡単に自分を見つめなおすことができるオススメの方法です。ほんの少しの時間取り入れるだけで心も体もリラックスできます。

③たくさん笑う

自宅でのリラックス方法は、お風呂やストレッチなど静かに行う方法ばかりではありません。バラエティ番組やお笑い番組などを見て、たくさん笑う方法はいかがですか?
忙しさのあまり普段笑うことが少ない人こそ、ぜひこの方法を取り入れてみて。笑うことで免疫力を上げることができ、さらに心もリラックスできて一石二鳥なのです。自宅だからこそ人目を気にすることなく笑いまくってみてはいかがでしょう。
笑うことで腹筋や、顔の表情筋が動きます。血中の糖や中性脂肪が燃焼され、全身運動にもなりますよ。よく、たくさん笑った後はお腹が痛いなんてことありますよね?笑うことはダイエット効果も持ち合わせているのです。自宅でリラックスもできて痩せやすくなるなんて素晴らしいですよね。いっぱい笑ってストレスを発散しましょう。

④思いっきり泣く

お笑いを見てたくさん笑うこともちろん良いのですが、自宅で映画を見たり、小説を読んだりして思いっきり泣くという方法もあります。
特に不安を抱えている場合、心が落ち着かない状態にある場合、あえてボロボロと涙を流しましょう。何か悪いものが出ていったこのように心がスッキリし、リラックス効果を得られます。
また、泣くときにハンカチやティッシュを目に押し当てたり、指でこすったりしないことがポイントです。翌日、目が腫れて大変なことになってしまいます。自宅なのですからここは思いっきり豪快に涙を垂れ流してください。たくさん泣いた後はとてもスッキリすることができます。
自宅に家族がいて人前で泣けないときは、湯船につかりながら泣くという方法もありますよ。ストレスを涙で流す、涙活(るいかつ)を始めませんか?

⑤お酒を楽しむ

自宅で少しお酒をたしなむのもリラックス効果を感じることができるオススメの方法です。
アルコールは血管を拡張させて血行をよくします。利尿効果もあるので、体にたまった老廃物を排出でき、疲労回復の効果もあります。
また、お酒は「百薬の長」とも言われるほど優れもの。しかし飲みすぎるとお酒は「万病の元」と化してしまうので、美味しいからと飲みすぎないようしてくださいね。
お酒は味わいや香りが種類によってさまざま。適量を飲むことで緊張が和らぐほか、香りを楽しむことで気分をリラックスさせることができます。
お酒が飲めない方はホットミルクやココアなどの温かい飲料を寝る前に飲む方法を取り入れてみて。お酒と同じようにリラックス効果を感じることができます。

⑥誰かに話を聞いてもらう

LINEや電話で気の合う友人に愚痴を聞いてもらったり、楽しい会話で笑ったりするとリラックスできますよね。
自分について話すことは感情が解放され、心が軽くなる簡単リラックス方法なのです。また、誰かに話しを聞いてもらうことで安心感、自己肯定感の向上にもつながります。
大人になった今、友人と会話する機会が減っているという方も多いのではないでしょうか。誰かと話をしたいなと思ったらしばらく会っていない友人などに連絡を取ってみましょう。
相手のこともあるので毎日とはいきませんが話を聞いてくれる相手がいるならばたくさんお話をしてみてください。また、相手のお話も聞いてあげてくださいね。お互い友情も深まりリラックスできるオススメの方法です。
自宅だからこそ人に聞かれたくない話もでき、安心ですよね。
友人に聞かれたくない話だけど、誰かに聞いてほしい!という場合はオンラインで話を聞いてくれるサービスを取り入れるのもよい方法です。

⑦ネイルを楽しむ

女性にとってオシャレは生活の活力。新作コスメや流行ヘアなど、どれも心がワクワクしますよね。でもオシャレは時間がかかる・・・自宅でリラックスしながらできる簡単な方法はないかしら?

そんなあなたにオススメの方法がネイルです。
自宅でも簡単にできるネイルキットやシールが発売されているので、自分に合ったネイル方法をぜひ取り入れてみて。
もし、仕事関係で手の指にネイルができない場合は、ペディキュアを施しましょう。
綺麗に仕上がった指先や足先を見ると気分も上がるもの。明日からまた頑張ろうという気にもなりますよ。

まとめ

いかがでしたか?今日からでも取り入れられそうな「自宅でのリラックス方法」を7つ紹介させていただきました。
上記で紹介した「リラックス方法」をまとめてみましょう。

① 湯船につかる
② ストレッチをする
③ たくさん笑う
④ 思いっきり泣く
⑤ お酒を楽しむ
⑥ 誰かに話を聞いてもらう
⑦ ネイルを楽しむ

ストレスを解消し、溜め込まないことは心や体に多くのプラス効果があります。自宅にいるからこそ、しっかりとリラックスする方法を取り入れることが大切です。体は私たちが思っている以上に単純で素直です。

リラックスすることにより、冷え性や便秘、頭痛や肩こり、不眠を解消でき、日中に最高のパフォーマンスを引き出すことができます。そして心にも余裕が出てきます。心に余裕がある人は明るく、自然と人が集まってきてとても魅力的ですよね。

今回紹介した自宅で簡単にできる、リラックス方法をぜひ毎日のように取り入れてみて。
「何曜日は〇〇でリラックスをする日」などと決めておくと、毎日自宅に帰るのが楽しみになりますよね。仕事や家事、育児を頑張るモチベーションにもつながり一石二鳥です。ストレッチや映画鑑賞など、自宅でもともと行っている方法かもしれないですが、自分の中で意識的に「リラックスする」という気持ちで行うことが大切です。
日々の仕事、家事、育児など頑張り続けるあなたが次の日も素敵な女性でいるために、その日の疲れ、その日のうちにリセットしましょう♪