ペットを飼っている人は一度は「風水ではOKなのかな?」と気になったことがあるのではないでしょうか。実はペットを飼うことは風水的にはあまり良くないとされることもあるのです。でもだからといって離れて暮らすことなんてできませんよね。今回はペットが風水的に良くないといわれる理由改善方をお伝えしますので、生き物が好き運気もアップしたいという人は、ぜひこの記事を読んで勉強してみませんか。

風水におけるペットとは?

風水では古来より動物は人を助ける存在だとされており、動物それぞれに意味や効果があります。単純に動物を飼うと癒されますし、ポジティブな気持ちを与えてくれる存在でもあります。特に家族のように関わりのあるペットについては、その効果が一段と大きくなるといえるでしょう。

風水でペットは運気が下がるってほんと?

そんな人に力を与えるペットたちが、なぜ風水ではNGだといわれるのか疑問ですよね。理由としては、その動物固有の原因もありますが、基本的には清潔感の問題です。犬のように外で飼う場合はまだいいですが、人が住んでいる家で一緒に住む場合は、頻繁に掃除をしないとどうしても汚れてきてしまい、匂いも発生します。そうなると、風水的には不浄なものとして運気がダウンする原因になってしまいます。こういった理由でペットは風水的には良くないとされているのですね。

風水でのペットがもつ意味や効果

ハムスター

まず、ペットがどのような意味を持っているのかみてみましょう。これは、どのような生き物を飼うかによって大きく変わってきます。代表的なペットの意味や効果をご紹介します。これから飼おうとしている人は参考になるかもしれませんよ。

猫の意味・効果

ペットとしてもっとも親しみ深いといってもいいのがです。そんな猫が持つ意味を一言でいうなら「」でしょう。猫を飼うと人との縁を呼び込み、豊かになれるといわれています。招き猫がわかりやすい例ですね。

犬の意味・効果

は風水では厄払いの効果を持ち、人に幸せを与えるとされています。神社などで祀られている狛犬や、番犬などからこの意味が理解できますね。そのほかにも人生に情熱やエネルギーを与え、社会的地位を高くすると考えられています。

うさぎの意味・効果

うさぎは風水で「繁栄」「豊穣」「飛躍」などの意味を持っています。これはうさぎが短期間にたくさんの子どもを産むことに由来しています。そのため、子孫繁栄や商売繁盛といった効果があるとされています。

金魚の意味・効果

風水での金魚の意味は名前からも想像できるとおり、金運アップの象徴となっています。中国語ではお金があまるという意味の「金余」という言葉と同じ発音のため、縁起がいいともされています。

メダカの意味・効果

メダカは黄色い体を持っていることからもわかるように、金魚と同じく金運アップの効果があります。白色のメダカも同じく金運アップ、黒のメダカだと邪気払いなど、色によっても意味や効果が変わってきます。

ハムスターの意味・効果

ハムスターやデグーのような動物も、ペットとして人気があります。これらの動物はネズミと同じく子孫繁栄の意味があり、子宝運アップに良いとされています。また、北の方位で飼うと貯蓄運をアップさせる効果があります。

ペットを飼いながら良い運気に保つ方法

猫のトイレ

風水的に良くないと聞いても、やっぱり愛らしい動物とは一緒に住みたいと思うのが普通です。ペットを飼っていてもできるだけ良い運気を保つためには、悪い運気になる要素をできるだけ取り除くか、良い運気になるような風水を取り入れれば問題ありません。ここでは、そのいくつかのポイントをご紹介しましょう。

部屋を清潔に保つルーティーンを決める

ペットがいる部屋や移動するための通路など、汚れやすい場所はできれば毎日掃除したいところです。猫などの毛がよく抜ける動物は特に、意識的に汚れをチェックするほうが無難ですが、なかなか難しいこともありますよね。できるだけ続けるには、掃除を毎日のルーティーンに組み込むのがおすすめです。ルーティーンといっても計画的にやるのではなく、ゴミ捨てや歯磨きのように、自然に行うことができるように習慣づけるということです。
例えば猫のトイレを家のトイレの近くに置いておいて、トイレに行ったときについでに掃除するなど。自分の生活スタイルを考え、ついでにできそうな行動と一緒にやってしまうと続けやすくなります。また、完璧を目指さないことも重要です。100%綺麗にするのが理想ではありますが、続けるために「60%でもいいや」と思えるようにしましょう。まったく掃除しないよりは60%でも効果はあるのです。「これなら続けられそう」という範囲でやるのがポイントです。それでも続けられないという人は、ロボット掃除機を使ってみるのも手ですよ。

観葉植物の浄化作用を利用する

観葉植物は、風水において不浄なものを浄化する作用を持っていますので、家に置いて悪い気を払ってもらう方法があります。種類は基本的にどのようなものでも効果がありますが、枯れたものは逆効果ですのでしっかりお世話はしてください。置き場所としては、例えばペットのトイレなどの悪い気を放つものの側に置くのもいいですが、特定の場所に置くことでも効果が得られます。
ものにはそれぞれ特有の形があり、その形によってエネルギーの意味も異なります。「青年の木」とも呼ばれるユッカは尖った葉を持っていますが、尖った観葉植物を玄関に置くことで、邪気を払う魔除けの効果があります。日本でも節分に魔除けとして柊の枝が使われますよね。

風水ではペットのトイレ、ケージの場所に注意する

ペットのお家であるケージなどや、トイレは置く場所に気をつけないと運気を下げやすくなります。特に運気を呼び込む玄関は重要な場所ですので、常に綺麗に保つためにケージやトイレを置くのはやめておきましょう。金魚やメダカなどの魚のペットの場合も、水槽を玄関に置くのはおすすめできません。魚の糞や餌の残りかすなどで水がすぐに汚れてしまい、汚れた水は悪い水の気(水毒)となって運気ダウンの原因となります。
また、キッチンも運気に大きく関わりますし、衛生的にもやめたほうが無難です。どの場所でも汚れるものは風水としてはよくありませんが、玄関やキッチン以外の場所に置くようにしましょう。

風水とペットの写真について

白い猫

技術の進歩でスマホなどでもとても綺麗な写真を撮ることができ、コンビニなどで気軽に写真を印刷することができるようになりました。愛するペットのとっておきの一枚を飾りたいという人も多いのではないでしょうか。そこで気になるのは「ペットの写真を飾るのは風水的にどうなの?」というところですよね。ここでは風水とペットの写真について解説していきます。

風水的ペペットの写真はどう?

風水的にペットの写真を飾るのはどうなのでしょうか。結論からいうと、写真だけでも運気をアップしてくれる効果があります。その写真を見るたびにいい気分になるなら、それだけでも十分良い運気を呼び込むことが可能です。ペットは飼えないけど動物は好きという人は好きな動物の写真を飾れば、清潔感の問題を気にすることなく運気アップが可能ですよ。

おすすめのペットの写真の飾り方

ペットの写真は飾る方位と、フレームの色でどういう運気がアップするか、またはそのパワーが変わってきます。例えば木製や暖色系のフレームに飾ると貯蓄運アップ花柄や木製のフレーム東南に飾ると恋愛運がアップ大理石調や黄色のフレーム西に飾ると金運がアップといった具合です。ただし、玄関に飾ってしまうと良い運気が出ていくとされていますので、注意しましょう。

亡くなったペットの写真を飾ってもいい?

亡くなったペットの写真をいつまでも飾っていたい人もいるでしょう。風水的には問題ありませんが、亡くなってしまったことを悲しむことはやめたほうがいいでしょう。悲しみで陰のエネルギーが発生しますし、大切なペットも旅立つことができなくなってしまうからです。いつまでも見守ってくれていると信じて、一緒にいたときの心地よい思い出を思い出すようにしてください。

まとめ

今回、ペットが風水的に良くないと知ってショックを受けられた人もいらっしゃるかもしれませんね。ですが、だからといってそこまで深刻に考える必要はありません。大事なのは一緒に過ごしたいという気持ちと、愛情を持って接することです。そうなればもう家族ですので、仮にそれで運気が下がったとしても幸せでいられますよね。大事なのは運気を下げないことではなく、幸せでいることです。今回の記事が参考になれば幸いです。