花火大会や盆踊りなど、夏のイベントになると着たくなるのが「浴衣」。浴衣の選び方としては「これが着たい!」と自分が好きな浴衣を選ぶのが一番ですが、最近は種類が豊富なので、どれが自分に似合うのだろう…と悩むこともあるかもしれません。
そんな時は今年のトレンド色や、体型・年代別で一般的におすすめされている浴衣を参考に、似合う浴衣を選んでみてはどうでしょうか?
今回は、浴衣選びに役立つ2020年トレンド色と選び方ガイドを紹介していきます。浴衣に似合うネイルについてもご紹介します。

「2020年トレンド色」は?

どんな浴衣にしようかと悩んだら、まず今年の「トレンド色」を見てみてはどうでしょう?
2020年のトレンド色は、クラシックブルーヒューマンレッド。夕暮れの空を思い出させるクラシックブルーの浴衣は、エレガントで上品な女性のイメージを与えてくれます。情熱的な赤色のヒューマンレッドは、浴衣に取り入れるのもいいですが、ワンポイントにもなるので小物やネイルで使うのもいいかもしれません。

誰にでも似合う「浴衣の色と柄」は?

どんな女性にも似合う浴衣は、古典的な和柄です。昔からなじみのある和柄は、若い女性はレトロかわいく、大人の女性は優しく落ち着いた雰囲気になります。癒し効果も抜群の和柄の浴衣は周りからの好感度も高いので、迷った時は和柄がおすすめ。色は、どんな肌にもなじむ紺色をチョイス。「和柄の紺色の浴衣」は定番中の定番ですが、まず外すことのない組み合わせです。小物やネイルなどで個性を出してみてもいいですね。

似合う浴衣はこれ!2020年トレンド色と選び方ガイド・帯と扇子

身長で選ぶ、おすすめの色と柄は?

背の高い女性におすすめの色と柄は?

背の高い女性の浴衣姿は、凛として華やか。大きな柄や大胆な柄でも粋に着こなすことができます。もし背の高さを感じさせたくない場合は、濃紺や紫色などの濃い色の浴衣や、柄の色がはっきりしているものを選ぶといいでしょう。
帯は、下側に柄のあるものを選んだり、少し下げ気味で結んだりすると視線が下がるのでおすすめ。浴衣と正反対の色の帯も、背の高い女性は素敵に着こなせます。

小柄な女性におすすめの色と柄は?

小柄な女性は、和装である浴衣がとてもよく似合います。そんな小柄な女性におすすめの色は、淡い色です。優しく可憐なイメージになりますよ。柄を選ぶ時は、手のひらより小さいサイズの柄を選ぶと素敵に着こなせます。また、縦のストライプもスラリと見えるのでおすすめです。
帯は、上側に柄のあるものを選んだり、上の方で結んだりすると視線が上がります。帯の色は、浴衣と同じ色味のものを選ぶと背を高く見せる効果がありますよ。

似合う浴衣はこれ!2020年トレンド色と選び方ガイド

体型で選ぶおすすめの色と柄は?

細身の女性におすすめの色と柄は?

細身の女性は、浴衣が似合う体型と言われていますが、少し寂しい印象になる可能性も。その場合は、淡い色の浴衣を選ぶと全体が優しく和やかな雰囲気になるのでおすすめです。また全体に柄が入っているものや大振りな柄を選ぶとボリューム感がでます
帯は、ふんわりとしたもの、柄の入ったものやハリのある素材を選びましょう。胴回りの薄さがカバーされ華やかになります。

似合う浴衣はこれ!2020年トレンド色と選び方ガイド

ぽっちゃりの女性におすすめの色と柄は?

ぽっちゃり体型の女性の浴衣姿は、優しさに溢れ癒される雰囲気が魅力です。一般的に和装である浴衣は体型をカバーしやすいと言われていますが、さらにボリュームを抑えたい女性は、縦のストライプや、濃い色の浴衣を選ぶとシャープに見えるのでおすすめです。ごちゃごちゃと全体に柄が入っていると、ボリュームが出るので要注意です。
帯の色は、黒色や紫色など引き締め色が人気です。帯結びを少し大きめにすると、帯に視線が集まり、スッキリと見える効果があります。

肌色別でおすすめの色と柄は?

色白の女性におすすめの色と柄は?

色白の女性は、どんな色の浴衣も着こなせます。あえて選ぶとするならば、淡い色の浴衣が上品さを際立たせてくれるのでおすすめです。寒色系である水色なども似合いますが、全身を寒色系にすると冷たい印象になってしまうので、帯は暖色系の色を選ぶといいでしょう。

健康的な肌色の女性におすすめの色と柄は?

健康的な肌色の女性は、赤色オレンジ色など、はっきりとしたビビットカラーの浴衣を着るとハツラツとした印象になります。肌なじみのいい暖色系も似合います。着る人を選ぶエキゾチックな柄や個性的な柄をかっこよく着こなすことができるのも、健康的な肌色の女性の特徴です。

似合う浴衣はこれ!2020年トレンド色と選び方ガイド

年代別でおすすめの色と柄は?

年代別にもおすすめの浴衣があるのでご紹介していきます。

20代の女性は、「好きな浴衣」に挑戦して

20代は、どんな挑戦もできる年代です。好きな色や柄を楽しんでください
そんな20代に女性に人気なのは、清楚なイメージがあり、女性らしさや優しさを表現できる白色。何にでも合う白色だからこそ、小物やネイルで自分らしさを出す女性が多いです。最近はプチプラの浴衣も多いので、友達と遊ぶ時は個性的な浴衣、デートの時は淡い色の浴衣など、自分なりに使い分けてもいいかもしれません。

30代の女性は、「大人かわいい」ものが人気

大人の魅力とかわいらしさの両方を持つ30代の女性。浴衣でも、レトロ柄など大人かわいいものが人気です。
色では、大人の癒しを感じる紺色黒色が似合います。髪を盛りすぎると若作り感が出てしまう可能性があるので、浴衣と髪のバランスには注意です。

40代からは、「ちょっといい浴衣」を選ぶのがおすすめ

「浴衣はもう卒業」と思っている40代の女性もいるかもしれませんが、浴衣を着て上品さや色気を醸し出せるのは、むしろ40代以降の女性と言われています。
浴衣の選び方としては、「落ち着いた色味」で「ちょっと良いもの」を意識してみるといいでしょう。色が多く使われている浴衣は若い女性向けのイメージが強いので、1~2色の浴衣を選ぶのがベストです。そして素材としては、綿素材がおすすめです。さらに麻や絹が混ざった生地を選べば、光沢があり上品なイメージになります。襟元の後ろを少し下げて、うなじを出す適度な肌見せも大人の女性には似合いますよ。

50代の女性は、「生地」に注目

50代の女性を魅力的に見せてくれるキーワードは、「落ち着いた大人の女性」。
浴衣選びでは、黒色スモーキーな色を選ぶといいでしょう。40代に引き続き、大事なのが浴衣の生地。麻や絹が混ざったものや、絞り浴衣や凹凸やシャリ感がある浴衣を選ぶと上品さと高級感が出ます。若い頃には似合わない、落ち着いた大人の浴衣を楽しんでくださいね。小物なども、少しいいものを選ぶと素敵です。

似合う浴衣はこれ!2020年トレンド色と選び方ガイド

「浴衣の色」と「帯の色」の組み合わせ

浴衣の印象を大きく決める帯選び。帯選びには、いくつかおすすめのパターンがあります。一番オーソドックスなのが、青色の浴衣に青色の帯など、同じ色を組み合わせるパターンです。青色に水色など、色の濃さを変えるとバランスがよくなります。

次に、浴衣の柄と帯の色を同じにするパターンです。紺色の浴衣でも、柄が赤色なら赤色の帯、黄色なら黄色の帯というように、柄と帯の色を同じにすると統一感のあるおしゃれなコーディネートになります。

次は、反対色を選ぶパターンです。紫色なら黄色、ピンク色なら緑色など、反対色を選ぶと相性がいいです。

最後に、地味な浴衣に派手色を合わせるのも人気です。同系色でまとめるのもいいですが地味色に派手色を合わせることで華やかな浴衣姿になります。

浴衣に合うネイルのコツ

浴衣に合うネイルの色と柄

お気に入りの浴衣が選べたら、ネイルまで頑張りたいですね。浴衣だからこそ似合うネイルもあるのでご紹介していきます。

まず、ネイルの色についてです。色は、浴衣や帯の色と合わせた色を選ぶと、間違いありません。浴衣は普段の洋服と違う色味が多いので、いつもと違った色にチャレンジするのも楽しそうですね。また、かんざしや巾着などの小物と合わせた色にすると、おしゃれ上級者のネイルになります。

柄は、せっかくなので和柄のネイルにしてみてはどうでしょうか。花火や金魚、水風船などの柄にすると、夏らしさを感じるのでおすすめです。朝顔も浴衣に人気のモチーフです。

足のネイルのコツ

足のネイルも頑張りたいところです。足の爪は手の爪に比べて分厚く立体的なので、ネイルを塗る時にいくつかコツがあります。

まず、爪の汚れを取ることです。足の爪は汚れが残っていることがあるのでネイルを塗る前にウェットティッシュなどで拭いてから塗りましょう。
次に、ネイルの仕上がりをきれいにするために、凸凹した爪にはやすりをかけましょう。爪先を温めてからやすりをかけると、爪が傷みにくいですよ。
最後にネイルを塗る時は、先端を最初に塗りましょう。爪先にネイルを塗ってから全体を塗ることで、ボロボロになるのを予防します。

浴衣に合うネイルをチェック!

浴衣を着るなら、うちわとネイルはどうする?

まとめ

夏になると着たくなる「浴衣」。着るはもちろん、選ぶのも楽しみの一つです。迷った時は、ぜひ今回ご紹介した選び方ガイドを参考にしてみてください。お気に入りの一着が見つかると、それだけで素敵な夏になりますよ。
浴衣姿には、ネイルも大切です。ネイルまで合わせてコーディネートしたら、浴衣姿が格段と華やかになりますよ。指先までバッチリ決めて、楽しい夏を過ごしてくださいね。